色のバリエーションが豊富

アクリル板は色のバリエーションは豊富です。透明感のある色合いなどを中心に、さまざまな色の表現ができるのがアクリル板の大きな特徴です。個性的な看板を作りたいという方や、自由なディスプレイにアクリル板を用いたいという方などに広く受け入れられています。

アクリル板選びで最も重視したい部分

アクリル板
no.1

どのような天候でも変性しないか

アクリル板は、どんな天候でも変性しない性質を持っています。特にプラスチック類は紫外線にあたると白濁する・熱で割れやすくなるというようなデメリットがあります。このようなデメリットを覆せるのがアクリル板のメリットです。この特性を生かして、自動車部品などにも用いられています。

no.2

衝撃に強いか

アクリル板は、壊れにくいという堅牢性がありますがやはり衝撃には勝てません。そのため、場所によっては薄すぎる素材を用いることはNGであると考えられます。厚みを持たせたものであるか、大きさと厚みの関係から壊れにくいものであるかどうかも確認しましょう。

no.3

成形方法を確認

アクリル板を作る際には、アクリル樹脂を押し出して成形する方法と、キャストモールド製法の二つの方法があります。それぞれ長所・短所があり、適材適所もあることを理解しましょう。どの場所にアクリル板を用いるかで押出式・キャストモールドのいずれかを選びます。

加工も自由自在

アクリル板は、専用のカッターを使うことで家庭でもカッティングをすることができますし、加工を依頼すれば、曲面加工を施すこともできます。接着材を使うこともでき、継ぎ目がない水槽なども作れますので便利に使えます。

セルキャスト製法と押出製法の違い

ガラスの板ではさんで硬化させる

セルキャスト製法は、ガラス板で作ったモールドの間にアクリル樹脂を注入し硬化させてアクリル板を作る方法です。硬度が高く電動のこぎりなども使いやすいメリットがありますが、安定した厚みを作れないというデメリットがあります。

押出機でプレスする方法

押出製法は、プレス機にアクリル樹脂を投入し、ローラーで伸ばしながら所定の厚みに伸ばしていく製法です。精度が高い、常に安定した厚みのアクリル板が作れる上、溶剤接着などに向いています。その反面反り返りやすいというようなデメリットがあります。

プラスチック界でも優れているアクリル板の魅力

アクリル板

個性的な特性をもつ製品

アクリル板は、プラスチック群の中でも個性的な特性を持つ製品です。「プラスチック界の女王」などといわれる程、透明度に長けています。また紫外線や熱などにも変性しにくく、耐久性にも優れています。ただし、衝撃などには弱く、壊れやすいというデメリットがありますが、厚みを持たせた加工も可能ですので、強度を高めるための工夫によって堅牢性もプラスされます。また、着色なども容易にでき、綺麗なカラーバリエーションを作ることができるので、看板などにも多く用いられます。

広告募集中